ETCカード発行について 学生クレジットカード作り方

学生でもETCカードを作れます

学生の方でも、自分の自動車を所有している人も多いですし(特に地方で学校に通われている学生は通学に自動車を使う場合も多いですからね)、自動車免許を持っていれば、自分で自動車を所有していなくても、休みの日などにレンタカーを借りて旅行に出かけたり、カーシェアリングを利用している方もいるのではないでしょうか。

そのように自動車を運転する機会があると、高速道路や有料道路を利用する機会もあり、ETCレーンを利用して走るという機会もあるのではないでしょうか。

そういう場合、ETCカードを持っていないと、ETCレーンを利用して走れません。

ですので、この先、高速道路や有料道路を走る機会がありそうな方は、クレジットカードの申し込みの際に、ETCカードも一緒に申し込んでおくといいです。

ほとんどのクレジットカードの場合(学生向けクレジットカードも含み)、クレジットカードの申し込み画面で、ETCカードの申し込みもするかという項目がありますので、その項目で、申し込むにチェックを入れればOKです。

クレジットカードの審査に通れば、ETCカードも発行されます。ETCカードは別審査という訳ではなく、クレジットカードの追加発行カードとして審査なく発行されます。

ETC車載器について

自分の自動車でETCレーン利用で高速道路を走る場合は、自動車にETC車載器の取り付けとETC車載器のセットアップをしておく必要があります。

ETC車載器の購入・取り付け・セットアップまで、カー用品店ならその日の内に完了してくれます。

ETC車載器の代金、取り付け工賃・セットアップ料金、全てを含めて、安いものなら1万円前後でできます。
ETC車載器の購入の際に、高性能・高価格のものを選ぶと、ETC車載器料金だけ高くなります。

ETC車載器を購入してセットアップまで済ませれば、あとは、ETCカードを挿入すれば、ETCレーンを利用しての高速道路走行ができます。

レンタカーやカーシェアリングの場合
レンタカーやカーシェアリングの自動車には、ほとんどETC車載器が付いていてセットアップももちろん済ませてありますので、自分のETCカードを挿入して走ればOKです。

また、友達のクルマを借りて高速道路を走る場合も、ETC車載器が付いていれば、自分のETCカードを挿入して走ればOKです。

ETC利用の代金請求は

ETC利用で高速道路や有料道路を走った際の料金は、後日、クレジットカード利用代金として請求・引き落としされます。
明細書に、ETC利用分ということが明記されていますので、確認してみてください。