クレジットカードのポイントの仕組み(付き方・還元率)

クレジットカードのポイントの仕組み(付き方・還元率)

クレジットカードを作る時に、どのクレジットカードにするか、その判断基準の一つとして『ポイント還元率』を重視する人が増えています。

ほとんどのクレジットカードは、カード利用額に応じでポイントを付与する「ポイント制度」がありますが、ポイントを付与する仕組みが若干違います。

そのポイント付与の仕組みを理解し、ポイント還元率に注目して作るクレジットカードを選ぶといいです。

ポイント付与は100円ごとか、1000円ごとか

クレジットカードのポイントの付き方として、大きく分けて、カード利用額100円に1ポイントというふうに、100円ごとにポイントが付与されるカードか、
1000円ごとに1ポイントというふうに、1000円ごとにポイントが付与されるカードがあります。

どちらがお得かというと、100円ごとにポイントが付く方がお得です。

なぜなら、100円こどでしたら、カード利用199円の場合、ポイントにならない金額が99円です。
しかし、1000円ごとでしたら、カード利用1999円の場合、ポイントにならない金額が999円になってしまうからです。

ポイント付与は買い物都度か、月の利用総額に対してか

次に、クレジットカードのポイントの付き方として、買い物ごとの金額に対してポイントが付与されるのか、
クレジットカード利用代金の月の総額に対して付与されるのかに分かれます。

1回の買い物ごとにポイントが付くクレジットカードとしては、流通系のクレジットカード(イオンカードやセブンカード)、コンビニ系のクレジットカード(ファミマTカードやJMBローソンPontaカードVISA)、そして楽天カードやYahoo!JAPANカードなどがあります。TカードやPontaカードが1回の買い物ごとにポイントが付きますが、それと同じような付き方がするのがこれらのカードです。

それに対して、JCBカードや三井住友VISAカードなどは、ショッピングや携帯料金の支払い等、クレジットカードで支払った全ての利用金額の1ヶ月分を合計して、その金額に対してポイントを付与します。

どちらがお得かというと、月の利用総額に対してポイントを付与する方です。

例えば、買い物の都度に100円ごとに1ポイントが付与されるクレジットカードだと、100円以下の金額分が、その都度切り捨てられてポイントにならないからです。

1ポイントの価値は何円か

次に、そのクレジットカードの1ポイントの価値は何円相当なのか。

多くの場合、
100円ごとに1ポイント付与するポイントは「1ポイント=1円相当」、
1000円ごとに1ポイント付与するポイントは「1ポイント=5円相当」、
となっています。

必ずしも「1ポイント=1円相当」ではないですのでご注意ください。

ポイント還元率は何%か

雑誌のクレジットカード特集やインターネットのクレジットカードサイトで、そのクレジットカードのお得度を表す指標として使うのがこの『ポイント還元率』です。

「100円ごとら1ポイント」付与で、「1ポイント=1円相当」なら、ポイント還元率は1.0%ということになります。

「1000円ごとに1ポイント」付与で、「1ポイント=5円相当」なら、ポイント還元率は0.5%ということになります。

※ただし、基本的には「1ポイント=5円相当」ではあるけれど、ポイントの利用・交換先によっては「1ポイント=4円相当」となる、という場合もあります。

クレジットカードの一般的なポイント還元率は0.5%です。0.5%以上のポイント還元率のクレジットカードを『ポイント高還元率クレジットカード』と言います。

【まとめ】
クレジットカードを作る時に『ポイント還元率』を重視してお選びになる場合、
1.ポイント付与は100円ごとなのか、1000円ごとなのか
2.ポイント付与は買い物都度か、月の利用総額に対してか
3.1ポイントの価値は何円なのか
4.ポイント還元率は何%なのか
この4つをチェックしてするといいです。

また、クレジットカードを作る際に『ポイント還元率』を重視するだけでなく、そのポイントの使い勝手はどうか、自分が使いたい「こと」や「もの」に使えるかなどについても併せて考慮して決めるといいです。
ポイントの使い方についてはこちらのページで解説しています→