学生も作れる楽天カード

楽天カード

楽天カード

楽天カードは学生向けのクレジットカードではありませんが、高校生を除く18歳以上であれば学生の方でもお申込み頂けます。ポイントが貯まりやすいカードとして人気ですのでご紹介いたしたいと思います。

以前から、楽天カードは通常のポイント還元率が1%ということで、ポイント高還元率カードとして人気のクレジットカードの一枚でしたが、最近は、テレビCMの影響もあり、認知度がさらに広がってカード会員が増えています。

●楽天市場をはじめとして、楽天グループでのネットショッピングをする方は、ポイントが断然お得に獲得できるので、是非持っておきたい、持っておいて損はないクレジットカードです。

●楽天カードには、「楽天ポイントカード(旧Rポイントカード)」機能もあらかじめ搭載されるようになり、楽天カード一枚で、『楽天ポイントカード加盟店』でも、カードの提示により楽天スーパーポイントが貯まるようになりました。

●電子マネーの「楽天Edy」へのチャージ分にもポイントが付くので、「楽天Edy」へのチャージ用クレジットカードとしてもおすすめです。同グループ企業なので、「楽天Edy」へのチャージ分に付与するポイントを多くするキャンペーンも時々行われます。

●利用付帯となりますが、海外旅行傷害保険も補償内容が充実しています。利用付帯とは、旅行代金などをカードで支払った場合に保険適用となるのですが、楽天トラベルで海外旅行商品や航空券、ホテルなどを予約購入すれば、保険適用となるうえに、ポイントも獲得できます。

【楽天カードは「Apple Pay(アップルペイ)」対応】
楽天カードは、iPhoneなどで支払いに使える「Apple Pay(アップルペイ)」対応クレジットカードですので、「Apple Pay(アップルペイ)」へ登録して、「QUICPay(クイックペイ)」加盟店でお支払いに使えます。
尚、楽天カードと「Apple Pay(アップルペイ)」に関しましては、このページの下段で詳しくご説明しています。


■楽天カード公式サイトはこちら ≫

カード発行対象
18歳以上(但し、高校生は除く)。
学生・主婦・アルバイト・パートの方もお申し込みいただけます。

年会費
●クレジットカードは年会費永久無料です。
●ETCカードは500円(税別)です。ただし、ETCカード申し込み時に楽天PointClub会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の方は初年度年会費無料。2年目以降も、ETCカード年会費請求月の楽天PointClub会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の方は無料となります。

カードの発行必要日数
お申し込み手続き後、発行完了のメールを送りします。メールが届いてから通常約1週間ほどでお手元へカードをお届けいたします。

カード利用可能枠
学生は基本的に最大30万円。

ポイントの付与
楽天カードのポイント制度は「楽天スーパーポイント」です。

●カードの利用ごとに利用金額100円ごとに1ポイントが付きます。1ポイントの価値は1円相当です。ポイント還元率が1.0%ということになります。

●ETCカードでの利用分も利用金額100円ごとに1ポイント付きます。

楽天市場、楽天ブックスでの利用分には、利用金額100円ごとに3ポイント付きます。ポイント還元率が3.0%ということになります。、
そのほか、楽天トラベルなどの楽天グループでの利用分には、利用金額100円ごとに2ポイント付きます。ポイント還元率が2.0%ということになります。

楽天ポイントカード加盟店では、提示するだけで、利用金額100円ごとに1ポイント付きます。楽天カードで支払うと、さらに、利用金額100円ごとに1ポイント付きます。つまり、提示&楽天カードでの支払いで、100円ごとに2ポイント付くということになります。ポイント還元率が2.0%です。
加盟店には、サークルKサンクス、ポプラ、ミスタードーナツ、大丸、松坂屋、出光ガソリンスタンド他があります。
(出光では給油「1リットルごとに1ポイント」となっています)

街のポイント加盟店での利用分には、利用金額100円ごとに2〜3ポイント付きます。加盟店には、エネオス、紳士服のコナカ、メガネストアー他があります。

「auウォレット」へのチャージ金額100円ごとに1ポイントが付きます。

「楽天Edy」へのチャージ金額200円ごとに1ポイントが付きます。

「楽天スーパーポイント」の有効期限はポイントの最終獲得月から1年です。1年以内に新たなポイント獲得があれば、保有する全てのポイントが1年延長されますので、1年以上ポイント獲得期間があかない限りポイントを失効することはありません。実質的に無期限といえます。

ポイントの交換・利用
●1ポイント=1円として、楽天市場をはじめとして楽天グループでのショッピング時に、1ポイントから利用できます。

●1ポイント=1円として、楽天ポイントカード加盟店でのショッピング時に、1ポイントから利用できます。

●1ポイント=1円として、「楽天Edy」へチャージして使うことができます。

●楽天グループでの利用以外は、ANAマイルへの交換のみです。ANAマイルへの移行手数料は無料です。

海外旅行傷害保険
最高2000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯されます。
利用付帯とは、ツアーなどの旅行商品の購入や、航空券・ホテル宿泊の代金を楽天カードで支払うことで保険適用となることです。
必ずしも楽天トラベルを利用しなければならないという訳ではありません。しかし、楽天トラベルだとポイントも使えますし、ポイントも付くのでおすすめと言えます。

死亡・後遺障害(傷害による) が2000万円です。
海外旅行の際に最も保険のお世話になる可能性がある疾病・傷害治療費用補償は最高200万円となっています。200万円の補償があればほぼ大丈夫です。

楽天カードでApple Pay(アップルペイ)
楽天カードは、「Apple Pay(アップルペイ)」対応クレジットカードですので、「Apple Pay(アップルペイ)」へ登録して使うことができます。

楽天カードを「Apple Pay(アップルペイ)」へ登録した場合、「QUICPay(クイックペイ)」での支払いとなりますので、「QUICPay(クイックペイ)」マークのあるお店でお支払いに使うことができます。

お店のレジなどでの会計時に、「QUICPay(クイックペイ)」でと伝えて、リダー端末にiPhoneまたはアップルウォッチをかざします。その時、
  • iPhoneは、Touch IDに指を載せたまま「QUICPay(クイックペイ)」のリーダー端末にかざします。
  • Apple Watchは、サイドボタンをダブルクリックしてから「QUICPay(クイックペイ)」のリーダー端末にかざします。

もちろん、「Apple Pay(アップルペイ)」の「QUICPay(クイックペイ)」で支払った利用代金も、楽天カードでの利用代金として合算され、100円ごとに1ポイントが付きます。

【「QUICPay(クイックペイ)」が使えるお店】としては、
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンをはじめ、ほぼ全てのコンビニチェーン。
イトーヨーカドー、イオン、マックスバリュ、ビック、アリオ他のスーパー。
エネオス、昭和シェル石油、エッソ・モービル・ゼネラル石油のガソリンスタンド。
ロイヤルホスト、すき家、かっぱ寿司、CoCo壱番屋、コメダ珈琲店他の飲食店チェーン。

さらに詳しくは公式サイトの「QUICPay(クイックペイ)」が使えるお店をご覧ください。

モバイルSuica(スイカ)へのチャージもできます
「Apple Pay(アップルペイ)」に登録した楽天カードで、モバイルSuicaへのチャージもできます。

楽天カードは、VISAブランド、JCBブランド、Mastercardブランドがあります。

JCBブランドとMastercardブランドは、「Apple Pay(アップルペイ)」にプレインストゥールされているWalletアプリからもSuicaへチャージできますし、Suicaアプリをダウンロードしてカード情報を登録して使ってもOKです。

VISAブランドは、Suicaアプリをダウンロードしてカード情報を登録して使います。(VISAブランドはWalletアプリからSuicaへのチャージはできないのです)

Suicaアプリは、App Storeでダウンロードできます。

iPhoneやApple WatchのモバイルSuicaも、電車やバスの乗降だけでなく、Suicaが使えるリアル店舗でのSuicaでのお支払いにも使えます。

国際カードブランド
JCB VISA Master Card
JCB、VISA、マスターカードの各ブランドから任意でお選びいただけます。
日本国内、海外で各々のカードブランド加盟店でショッピングができます。

楽天カードのお申込み
こちらの公式サイトで詳細確認とお申込みができます→
※24時間PC・スマホのどちらでもお申込みが可能です。