学生クレジットカード申し込み時の審査について

学生の方のクレジットカード申し込み時の審査について

クレジットカードを新規に作る際には審査があります。
学生の方は社会人のように継続的な収入がないなどの理由から、審査の対象となるのは、親など親権者の方となります。

親権者の方の、職業や収入、勤続年数、住居年数などが審査対象となります。

また、審査対象の親権者の方が、現在そして過去に、クレジットカードの支払いや各種ローンの支払いにおいて、支払い遅延や延滞・滞納がなかったか、多重債務はなかったか、等も審査に影響を及ぼします。

昨今、問題視されているのが、携帯電話やスマートフォンの料金支払いの遅延や延滞で、クレジットカードの審査に通らなくなっている例が増えていることです。
携帯やスマホの月々の料金には、通信料金の他に端末の分割支払い分も含まれている場合が多く、その場合、月々の料金をちゃんと支払っていないと、端末の分割料金支払いが遅延・延滞扱いとなり、信用情報にキズが付き、結果、クレジットカードの審査に通らないという事例が増えているのです。
これはクレジットカードの審査に通らないだけでなく、将来、自動車ローンや住宅ローンなどを申請した時にも影響を及ぼしかねませんので、携帯・スマホの料金支払いは期日までにしっかりと支払うようにしましょう。

親権者の同意について
二十歳未満の未成年の方がクレジットカードを申し込む場合、学生・社会人の関係なく、ほとんどのクレジットカード会社は親権者の同意を必要としています。

成人の学生の場合は、親権者の同意なくクレジットカードを申し込むことができますが、同意がない場合は利用限度額が低く抑えられる傾向にあります。
ですので、多少面倒でも、親権者の同意を得ることをおすすめします。

また、成人の学生の場合でも、学生の場合は親権者の同意を必須としているクレジットカードもあります。